人気ブログランキング |

<   2010年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

扇風機の休暇

こうも寒くなると一気に扇風機の存在が小さくなります。
が、しかし秋でも疲れた時のビールの存在は最高です。麻衣子です。

不思議な場所は5年間も続いていますが秋~冬にかけての公演がほぼ。
シビウ演劇祭での6月だけが例外です。それでも凱旋公演は秋でした。
だから秋が来ると不思議な場所の季節なのです。
そして公演するたびに思い出すものがあります。
稲が時をかけて育ち収穫されるように、私たちも毎年不思議な場所で収穫を得ます。
今年はどんな収穫があるのか今から楽しみです。

写真は鳥取駅にいた20世紀梨さんです。
でも、本当は鳥取には「トリピー」というゆるいキャラがいます。
b0083620_0464728.jpg

by madocinema | 2010-09-29 00:48  

秋到来

こんばんわ。まいこです。

食欲の秋ですね。鳥取で三食しっかり食べていたので、東京に戻ってからしばらくお腹がすくのが早かったのですが、今週末スタッフをしたらアッというまに東京のおなかになりました。

映画でよくある設定ですが、小さな村の出来事で、その村を一歩出れば、その村のことは全く覚えがない、知らないみたいなこと、よくありますよね。鹿野町での暮らしはそんな感じでした。その村ではたくさんの事柄が起きているのに、錯覚だったのかと思うようなこと。
なにせ、私たちはその村に行くのにバス頼み。自分の足では到底いけません。その村では公演は3か所で起きているし、食事も出れば、みんなとの交流の場もある、ほんとに小さな村がせっせと神輿担いでいるような感じです。発展途上の演劇祭です。今後が注目です。

ただ、錯覚でないと実感できるのは確実に出会った人たちとのコミュニケーションが東京でも続いているので、これからが楽しみであります。そして、赤い花白い花から不思議な場所へリハーサルはスライドされていきました。生きていればいろんなことがあるように、不思議な場所で語る5年間という本ができそうなくらいこの作品は変化してきました。今年も動いてます。不思議な場所2010年Ver.お見逃しなく!!!

写真は鳥取鹿野町でのひとコマ。
b0083620_2151356.jpg

by madocinema | 2010-09-26 21:57  

いよいよ

たまみです。

ただ今リハーサルの帰り…。

なんだかんだでこんな時間。

リハーサルが終わっても、色々確認したいことや変わったところを思い出したりして、
何回も去年の映像を見てしまうのです。

b0083620_0282032.jpg


不思議な場所はダンスだけではないから難しい作品。
でも曲を聞くと、この季節がやってきた!と反応してしまいます。

2010年の『不思議な場所』。
今まで以上に不思議を巻き起こすので、楽しみにしていてください。

by madocinema | 2010-09-24 00:28 | ダンス  

ただいま

たまみです。

昨日、みな無事に東京へ戻ってきました。

マドの公演だけでなく、フェスティバルなので、他の参加団体の公演を見たり、
交流パーティーでお話を聞いたり、
劇場関係者の方々から地方の劇場のお話を聞いたり。
濃密でとても勉強になる4日間でした。

公演時には優秀なスタッフのみなさんのご協力のお陰で、
信じられないくらいの素早さで仕込み変えができ、
ダンサーは本番に集中することができました。

さて、休む間もなく、次は『不思議な場所』です。

鳥取で吸収した体と感覚をさらに広げて旅を続けます。

by madocinema | 2010-09-20 14:48 | ダンス  

鳥取公演最終日

たまみです。

鳥取公演2日目。

昨日の初日は、朝10時からゲネプロやって、12時から本番。
マド史上、最朝の公演かつ、最短のゲネ・本番の間隔。
フェスティバルなので、複数の団体が複数の場所で公演を行っています。
すでに今日、2本の演劇を見てきてました。

今日は17時から本番。
16時からの1時間しかない仕込みから舞台が始まる感覚です。

そろそろウォーミングアップです。

by madocinema | 2010-09-18 13:26 | ダンス  

初日、仕込み

たまみです。

鳥取初日。
『鳥の演劇祭』の実行委員会の方々との挨拶の後、フェスティバルの会場となる鹿野町の劇場へ移動。
b0083620_0515040.jpg

中心となる「鳥の劇場」は、廃校を利用してできた劇場。
客席の裏側には体育館のステージの名残が!
今日、私たちのウォーミングアップは旧職員室で行いました。

で、マドが踊るのは、今年の4月にできたという、鹿野往来交流館。
b0083620_0515132.jpg

城下町の町並みに合わせた日本家屋で、和の雰囲気たっぷり。
b0083620_0515119.jpg


写真は仕込みの様子。
劇場として作り変えた場所も、黒いリノが日本家屋に映えて、
早くここに桜を舞わせたいと気がはやります。

昨日のショーイングで皆さんからいただいたご意見を参考に、
明日の12時に本番を迎えたいと思います。

by madocinema | 2010-09-17 00:51 | ダンス  

出発

b0083620_1082830.jpg

おはようございます。
たまみです。

羽田空港なう。

昨日はショーイングに思ったよりもたくさんの方に見に来ていただき、
ありがとうございました。
雨の中でしたのに、本当にありがとうございます。

やっぱり荷物がいっぱい…。

気をつけていってきます!

いざ、鳥取へ!

by madocinema | 2010-09-16 10:08 | ダンス  

いよいよ

たまみです。

いよいよ、衣裳も到着し、本日みなさまにお披露目することになりました。

b0083620_8595053.jpg


まいちゃんが原田先生にコーディネートはこうでねえと、と衣裳に合わせた髪型をセット中。
なぜだか瞑想しているお坊さんのような表情になってるなぁ。

衣裳は大胆、かつ女性の中に男性が垣間見える、そんな存在です。


昨日の夜は、週末に行われるステップアップの下見。
本番の日に鳥取にいるため、その日に出演する梓の勇姿を目にすることができないので、
みんなで下見に参加しました。

下見の日が一番緊張するのは私もよくわかります。
初めて人にお見せする時間だし、明かりは地あかりだし。
梓のド緊張が私にも伝わり、でもぐっと集中も高まり、見ることができました。
梓のダンスは目も耳もひきつけられます。
無だからこそ美しい時間に心をつかまれます。
是非、週末に東京近辺にいらっしゃる方は、見にいらしてください。

さて、いよいよ私たちの番です。
本日、9時に、お待ちしております。

by madocinema | 2010-09-15 08:59 | ダンス  

まだまだ準備中

たまみです。

昨日はガーデンでリハーサル。
明日がショーイングということもあり、細かい直しを中心に練習でした。
目下の一番の課題は、衣裳のコートで日本列島をいかにうまく描けるか、となってきました。

間もなく出発だというのに、まだ誰も荷物の準備をしてない模様。
いつも直前までバタバタです。
そして旅するダンスではお約束の荷物分担を行い、
やっぱり衣装と小道具と練習着だけでスーツケースが埋まってしまいそうな予感。
ランドセルに背負われた新1年生のごとく、
荷物いっぱいの女子軍団が再び飛行場で見られそうです。

そして今日は衣裳合わせの予定。
鳥取バージョンの衣裳との対面は私たちも初めてで楽しみです。

15日水曜のクラスの後はショーイングですよ!
9時過ぎくらいから始まります。
皆さん、是非いらしてください。

by madocinema | 2010-09-14 08:47 | ダンス  

食欲の秋

たまみです。

本日も、じっくりとレッスンとリハーサル。
少しは暑さも和らいだといっても、コートを羽織って踊るにはまだまだ暑い。
夜中のリハーサルが続くと、どうしても食事が簡単になりがちですが、
最近はレッスン前の楽屋では「体力つけなきゃ」と
おにぎりやパンの他にも肉系のものを食べてる人を見かけます。
最近よく言われる肉食系女子ならぬ、ただの肉食。

台風の影響もあってか、鳥取の天気予報をケータイでチェックしてみたり、
ライブカメラで鳥取砂丘を見たり(全く会場とは離れているのに)、
何となく土地のイメージを膨らませています。

自転車で夜道を帰る頃、つい最近までセミの声でうるさかったのが、
今は秋の虫の声になっています。
2005年の鹿児島公演では台風に直撃したので、
鳥取では秋晴れの空のもとでフェスティバルが開催できることを願います。

by madocinema | 2010-09-10 01:42 | ダンス