人気ブログランキング |

<   2009年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

ただいま

ただいま!美紀です。マドモアゼル・シネマ2009旅するダンス『不思議な場所』オーストリア・ブルガリア公演を終え、ダンサー・スタッフ全員、無事、今朝、成田空港に降り立ちました。17日に出発してからあっという間の旅でした。忙しくも充実した旅でした。

ウィーンの劇場は高く伸びる柱と彫刻とおかしな客席の角度が印象的な空間でした。マド公演の前後の公演用に貼られた床と柱を覆う青い巨大な絵の中で踊ることになり、普段のシンプルなセッションハウスとは大違いのデコレーションに囲まれた不思議な場所になりました。まさに絵本みたいな舞台になりそうだなと、客席から仕込み中の舞台を見下ろしながら思いました。10時間の飛行時間の疲れも吹き飛ぶ、わくわくする空間でした。ソフィアの劇場は3度目ではありましたが、ウィーンの青の空間から一転、真っ黒の空間に吸い込まれそうでした。国立演劇映画アカデミーという学校の中にある劇場で、奥行きのあるこじんまりとした額縁型の劇場です。どちらの劇場も古くて、歴史がしみこんだ建物。そこで、現地の人々とは全く違う身体の私達がどう映るんだろうと不安もありながらの開演でしたが、カーテンコールのお客さんの拍手を受けた時には、違いは愉快に、同じものはそのまままるごと受け止めてもらえたかなと感じました。

『不思議な場所』はこれでひとまず終了。3年間踊り続けたことになります。マド歴10年の私の思い入れの1番深い作品になったことは間違いないでしょう。1時間15分の作品の進行中の出来事と、その時の私の身に起こる出来事と、さらには3年の間に私の身に起きた出来事までもが重なり合って、というか、私のではなくこの作品に関る全ての人の身に起こっている事だと思うけど、そういう、作品と現実の境い目が身体を通してじわじわと溶けてなくなる感じがまさに不思議で魅力的で、最後に待ってるワルツもしんどくてもその先にある蜜みたいなものを思いながら踊ることができる作品でした。それが終わってしまったのですから少しさびしい気持ちです。

今回の旅で感じ得た体験がこれからどうなっていくのかは未知ですが、こんなにすばらしい体験が出来た事への恩返しは、ダンサーだったらやはり自分の身でお返ししていかなくてはなと思います。今回の旅のスタッフの皆さんや、私達の留守中にいろいろな形でサポートして下さっていた皆さんや、応援して下さる皆さんの支えがなくては実現できない事です。本当に感謝です。ありがとうございます。

たまちゃんの写真のアップ作業をお楽しみにしていて下さい。旅にまつわるお話をまた後ほど書けたらなと思っています。では。

by madocinema | 2009-11-29 22:27  

ソフィア便り

再び、たまみでございます。
ソフィアはただ今夕方16時半頃です。

昨日『不思議な場所』のソフィア公演を終え、
この旅も終盤を迎える頃になりました。

ソフィアのお客様は、年齢層も幅広く、
小学生くらいの子供も多数、ご高齢の方々も多数で、
色々な方々に見ていただけました。
そして、最初から「ダンスを見るぞ」というよりは
「何か面白そうなことを見に行こう」という心構えでいらしている、
そんな印象を受けました。
始まった途端に拍手、ワンシーン終わるごとに拍手、
自分が良いと思ったところで拍手、
楽しいと思ったところで遠慮せずに笑う。

こんなに率直な反応を受けながらのダンスは、
踊る側にとっていつもに増しての喜びで、
それをエネルギーに還元して踊ることができました。

とくに「鏡よ鏡、鏡さん、この世で一番美しいのはだーれ?」
といって、会場をリアルタイム映像で写すシーンでは、
遠くの方の客席からも、男性が
「アス(ブルガリア語で"私"という意味)」と反応し、
会場中が爆笑だったときは、舞台にいる側と客席との境がないくらい、
会場全体が一体となった瞬間でした。
こんな経験は初めてで、ドリフの「8時だよ全員集合!」を彷彿しました。

割れんばかりの拍手とスタンディングオベーション、
帰りがけのお客様から求められる握手やハグや記念写真の嵐を
一晩たった今でも、今起きていることのように思い出すことかできます。

さて、マドモアゼル一行も、間もなく夢のような現実から、
本当の現実に戻ってきます。

無事に帰国し、家に帰るまでが旅ですからね。
帰国後は、また写真つきで報告しますのでお楽しみに。

by madocinema | 2009-11-27 23:31 | ダンス  

ウィーン便り

こちらはただ今午前10時半過ぎです。

ウィーンでの公演を終え、本日ブルガリアへ向かいます。

日本での6階建てビルがすっぽり入るくらい天井が高いオデオン劇場で、
音も体も響かせてきました!

ウィーンのお客様の嵐のような拍手と
いつまでも続く足踏みを受け止め、
これをソフィアでまた花開かせたいと思います!

まだまだ旅は着き続きます。
詳細はまた帰国後にレポートします。

いざ、ソフィアへ!

by madocinema | 2009-11-24 18:52 | ダンス  

いざ

まいこです。
今日はここからが始まり始まりの時間になりそうです。

この時間でも今日はマドメンバーの全員が間違いなく眼を血走らせて
起きていること間違いなしです。
寝るよりも何よりも大事な荷づくりがあるのです。
これをしないと、新型インフルエンザよりも大変。

珍しく、あの美紀ちゃんが心配していましたから余程です。
なんか今回は心配らしい。
みんなで協力すれば怖いものなんてないのだ!!
赤信号、みんなで渡れば怖くない!みたいなもんです。
さ、
私もまた準備に戻ります。

たくさんの方に支えられてこの日が迎えられたことに感謝しています。
不思議な場所の長い旅路、終わりなき旅です。
一度しかないこの旅、心ゆくまで突っ走ります。
さぁ、いざ、出発。です。

by madocinema | 2009-11-17 02:01  

さて

おはようございます。


なおです


今起きました



静かだなあ



あさちゃん、ありがとう^^



さてさて
旅立ちのときが近づいてきました



生活の全てが旅公演のためにまわり始めて、、

このときのために 今まで があったんだなって自然に思うんです





たくさんの人が助けてくれるから旅立てる

いい旅にしたいし、しなくちゃいけない





朝一

そんなふうに思います




しまりがなくでごめんなさい

朝だし、お許しを


チ~ン

冷凍保存しておいたご飯がチンし終わりました


b0083620_9293638.jpg



自分で作ったへなちょこ茶碗におじいちゃんの田んぼでとれた米です

最高





では、
今日もよい一日を



まやちゃん、起きてる~?

by madocinema | 2009-11-14 09:35  

じゃかじゃん!

割り込み失礼します!
先日の『矢来町界隈』でマドに初参戦だった、榑松朝子でございます。本当はもうちょっと早く割り込みしようと思っていたのですが、PCがご機嫌斜めで、今日になってしまいました。でも直りましたので、早速投稿です。ここで感想文を書かさせていただきます。

ちなみに。明日はマドモアゼルシネマのお姉様方のショウイングがあるのです!朝子はばっちりお手伝い&見に行きますYO。すっごい楽しみにしてますっ、頑張ってください!




って考えると、矢来町界隈が終わってから一週間ちょっと。
もう大昔のように感じます。

思い起こせばめくるめく日々でした。こんなにぐるぐる頭を使いながら踊ったのは今までになかったです。

ダンスを踊ることは、とても厳しく大変なことなんだと改めて学びました。もう何をすれば良いか分からない!と思ってしまう瞬間も多々あり。自分が不甲斐なく思う時もありました。
でも全部ひっくるめて本当に楽しく勉強させてもらいました。

ワンダーランドの子どもたちにエネルギーをもらったり、橋浦先生のお話に感動したり。
クロッキーは楽しかったです。朝子はナオさんとコショコショ描いていたのですが、それはそれはどうしようもない作品が出来上がりましたww

リハーサルはあんなに長かったのに、本番は全部あっという間。その瞬間の緊張や、その場全体の空気が、本当にうれしくって、もっと舞台で踊っていたい!って思うんだけども、すぐに終わってしまう。だからこそ、一つ一つに全力を出そうって思いました。「若造でも、全力はできる!そうでもしなければ役に立たんぞ!朝子!」と思いながら3日間踊りました(笑)


二日目(だったかな?)の終わった後に、ツアーで使う大道具のお手伝い。ちっとも役に立たないけれど、裏方のお仕事を手伝うのは大好きです。たくさんの人が舞台を支えているんだな、と一番実感できる瞬間です。自分も舞台で支えられてるんだって思うと、とっても勇気が湧いてくるし、逆に戒めにもなります。
打ち上げのときのいろいろな人のお話、踊りへの情熱、本当に勉強になりました。もっともっと聞いていたい。

今はもう普通のクラスレッスンの日々です。ついこの前、柳瀬先生のバレエのクラスが終わり、着替えていたときでした。一緒にレッスンを受けていた方から「このまえの矢来町界隈、楽しかった。頑張っていたわね。」と言ってもらえた時は、照れくさくて死にそうだったと同時に涙が出るくらい嬉しかったです。


総合して学ぶことだらけでした。もっと踊りが好きになる舞台でした。
……お前は大人になれたかのかって?…さぁどうでしょう(笑)でも、本当にたくさん大切なものをもらえる舞台でした。次は自分本位ではなく、もっともっとお客さんのために踊りたいです。



長文失礼しました。そして、あらためて、直子さん、孝さん、マドのお姉様方、スタッフの方々、たくさんの人々にありがとうございました♡これからも朝子を見捨てずおつき合いください。明日のショウイング、そしてヨーロッパ、頑張ってください!朝子はまだ日本から出たことがありません!www

寒いですが、お体に気をつけて。では。

by madocinema | 2009-11-14 00:38  

みんなで

おはようおざいます。たまみです。

いやはや、ものづくりってすごいです。

みきちゃんのブログにも書いてあったけど、くにさんが作ったスクリーン。
あれに改修が入ったんですが、これを昨日みんなでお手伝い。

b0083620_950019.jpg


床に低い姿勢でじゃがみこみ、ひたすらスクリーンを作り替えるため、切り貼り、きりはり。
腰にきます。踊るのと同じくらい大変な作業です。
b0083620_9502460.jpg


こんなことを美術のくにさんはずっとひとりでやっていてくださったんだと思うと、
いろんな人に活かされて自分が踊っていることを改めてしみじみと感じ入り、
本当に感謝せずにはいられません。

b0083620_9504517.jpg


午前中から取り掛かっていたスクリーン作りは、夜8時半頃に終了。
その後映像を映して確認して、今まで以上に温かみのある映像になったその姿を見て、
全員で拍手!歓喜の舞!!
みんなで作った美術だけに、今まで以上に愛着があります。

出発まであと10日!
急ピッチでオーストリア、ブルガリアに向けた「不思議な場所」が作られています。
美術づくりの集中と協力体制を胸に、
ぎゅっと手を取り合って、横一列で舞台作りに乗り込みますよ。

by madocinema | 2009-11-08 10:02 | ダンス  

゛make”

久しぶりの買い物でした。マド・ショップにて、くに若尾の帽子。ゴージャスです。キラキラですがシックです。これいいな欲しいな→でもキラキラすぎていつかぶればいいんだろう→パーティーとかにいいんじゃない→でもパーティーなんて無い→でも欲しい→でもいつかぶるんじゃい→でも…欲しいっ!買う!という流れで買いました。今日も直子さんとまさちゃんと少し話したのだけど、本当に欲しい物しか買いたくないよねということです。自分がこれが欲しいというのもあるけど、これを作った人に払いたい、お金も敬意も。

今回も新しい衣装が加わります。原田先生が作って下さいました。美術もです。映像を写すスクリーンが必要になり、ただの白布スクリーンじゃないのがいいねということで、くにさんが手の込んだオリジナル・ビッグ・スクリーンを製作して下さいました。「作る」ことの苦労も喜びも、まるごと愛している人の集まりです、マドは。いい場所だな。受け身じゃなく、自分でゼロから作ることを。

矢来町界隈が終わって、短期集中で踊り直しです。14日のショーイングまでに流れを頭で描き身体に入れないと。相原でした。次は…なおちゃんにパス。

by madocinema | 2009-11-07 02:46  

虹のごとく

矢来町界隈にご来場くださった皆様、ありがとうございました。

矢来町界隈はいわゆる、セッションハウスの文化祭。
高校・大学時代よりも真剣にこの文化祭に参加しました。
そして千代の富士の引退の言葉が口から出そうになりました麻衣子です。
「体力の限界」
2日目のthree dance livesではそでで「うおぉぉぉぉ」とか言いながら踊っていました。
中日をはさんでの3日目。これまた、筋肉疲労にひぃひぃ言わされましたね。
子どもたちには「体力の限界」なんて微塵もない。踊らされ、狂いました。
そんなわけで、体力も少しずつ回復させながら次に向かいます。

それよりなにより、橋浦先生のお話は神がかっています。
オーラの泉に出れるんじゃないかな。あの番組まだやってますかね?
「舞台」に対する心構え、学びました。
そして、舞台芸術は虹のごとく。
その瞬間瞬間を生きないといけないのです。と改めて心に刻みました。
これから虹を見たらきっと思い出します。橋浦先生の言葉を。
しかし、まだお話は30歳になったところ。これからをまた聞きたいですね。
あと何年必要でしょうかね…
私ももうすぐアラサーですが、あんなに濃いお話ができるくらいの人生経験を積みたいものです。

ではお次はパーティー使用の帽子をゲットした美紀ちゃんです。
でも、普段にもかぶっちゃうくらいかっこいいお姉さんです、美紀ちゃんは。
で、その帽子はキラッキラのゴージャス、大花咲いてでっこでこ、なんですがかっこいいんです。
これぞ、くに若尾パワーです。マドショップ、見たことない人は損してます。
とても損してます。
しばらくはないので、これは言い逃げです。

by madocinema | 2009-11-04 18:40  

矢来町界隈、わいわい

「矢来町界隈」終了しました。
1日の雨、3日の冬なみの気温にもかかわらず、
ご来場してくださった皆様に御礼申し上げます。

今回は自分の中でたくさんの初めてがありました。
クロッキー会に参加してダンサーを描いたり、
子供と一緒に即興で踊ったり。

普段していないことにトライするのは、
集中力と体力がいることに、やりながらきづかされましたが、
新しい感覚が芽生えてくるのも感じた瞬間でした。


さてさて、今日からすぐにヨーロッパツアーの練習に入ります。
ダンスも、言語も。
ドイツ語とブルガリア語のセリフ覚えをしなければ。
前回、ルーマニア語でセリフを言ったときの周りの反応が、
「どうしてハングルっぽく聞こえるんだ?」と笑われてしまったので、
そこは言わせませんよ。

矢来町界隈での経験や課題を汲み取ってリハーサルへレッツゴー!

それにしても、今朝はまだ昨日の名残で寒い…。
みちゆく人達もかなり厚着です。

by madocinema | 2009-11-04 08:41 | ダンス