人気ブログランキング |

<   2009年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

身体

夏が終わり、秋らしくなってきました。一人一夜物語を終え、あれよという間にほぼ1か月。 公演を終え、演じ手として強化月間中。多々考え、見、動き。
シルバーウィーク3日間はクリシュトーフさんのWSを受け、その後リハーサルと踊り三昧。しかしよいですね。10時間ぐらいどっぷり漬かるのですが、身体はヒーヒーいうのですが冴えてくる。毎日これぐらい漬かりたい。
WSでは身体の意識を様々な方法で気づかせる。身体で。そして対話しながら参加者皆で体感する。眼からうろこが落ちた時間でした。彼が演じ手として空間に立つ時のアプローチを身体の実感として与えられ、自分の財産にし、不思議な場所に取り組みます。秋はセッションハウスはりんご企画を初め、実りの秋を感じさせる企画が続きます。是非足を運んでください。
WS参加者でクシュリトーフさんの公演を見逃し、残念との話を耳にしました。一期一会。様々なものをキャッチしたいですね。さて話はつきませんがそろそろバトンを渡します。明日から2日間。21フェス。どんなダンスに出会えるか楽しみです。バトンはまやちゃんに!お願いします。

窪田

by madocinema | 2009-09-26 00:38 | ダンス  

はぁ!すごかった。

たまみです。本日パル・フレナック舞踊団の公演を見てきました。
終演後は思わず「はぁ~」と感嘆の声を上げたくなるくらい、すごい舞台でした。
若手ダンサー、クリシュトーフは、“THE・身体”というくらい、
ありえないくらいの柔軟さとテクニック、物語る背中で観客を魅了しました。
振付のパルさんのダンスは、指先から、表情から語りかけ、
52歳という年齢を全く感じさせない身体と重い存在感で
舞台を優しさと哀愁の入り混じった不思議な空気で包み込みました。
最後の作品、クリシュトーフのソロは、私のお腹を「ぐわしっ」と鷲掴みにし、
そこからごっそりとえぐられた様な感情を残しました。
勝手な想像ですが、昔の映画「愛は静けさの中に」のクライマックスシーンを思い出しました。

明日は17:00からです。
ダンスをする人には特に見ていただきたいこの舞台!

いつもそうですが、すごい舞台を見た後は、
ちょっとの嫉妬と大きな憧れで、なんだか背中がしゃんとします。

by madocinema | 2009-09-20 02:27 | ダンス  

必見なのです!

こんばんは!


再びなおです。


今週末に物凄いダンスがセッションハウスにやってきます!!


わたし、映像でちょこっと見せてもらったのですが、やばい!!
身体が…ダンスする身体が・・・物凄いことになっています。



b0083620_0344461.jpg



Pal Frenak Dance Company
『TRACE & MENNONO』


9月19日(土) 19:00~(終演後、アフタートークあり)
   20日(日) 17:00~

当日 ¥3,800
前売 ¥3,500
会員 ¥3,000
学生 ¥2,500

ハンガリーの男性ダンサー2人によるソロ公演です!
全身に行き渡った神経を研ぎ澄ませて、強く繊細にうなる肉体と自由な表情に釘付け。
そして、妖しく激しい世界に引き込まれます。
映像で見ただけでもかなり衝撃だったので、生で見れることを私も楽しみにしています!!

見逃さないでほしい!!
必見です。

セッションハウスのサイトでは動画も見れます~


ぜひに!
ご予約はセッションハウスに。
yoyaku@session-house.net
03-3266-0461

さぁ、早速GO☆☆ 
楽しみだ!

by madocinema | 2009-09-15 01:06  

写真更新

たまみです。

一人一夜から束の間、マドは再び次の公演に向けて
リハーサルを始めています。
約1年ぶりに「不思議な場所」に対峙し、年々、いや日々変容していくものだと感じています。
そして「一人一夜物語」を通して浮き上がった課題を胸に、
今まで以上に、頭も身体も磨きをかけて舞台に挑まねばと自分自身に叱咤しています。

遅くなりましたが「100歳からの日記」の写真をホームページへ載せました。
「一人一夜物語」で、更新する時間がなく、お待たせいたしました。
写真を見ると、暑い中でのリハーサルの熱気、つむぎねの生演奏、
一枝さんの静かで強い語り、大樹さんの繊細かつ大きなダンスなど、
様々なことが目の前に蘇ってきました。
すごく遠い昔のことのように思えるのは、
時間の流れる速さを今まで以上に感じているからでしょうか。

夏はあっという間に終わって、最近では朝夕が肌寒くなっていました。
そろそろ来るな、秋の花粉症、ブタクサめ。

by madocinema | 2009-09-13 22:46 | ダンス  

次へ!

こんばんは。

なおです。

マドモアゼル・シネマ 一人一夜物語が終わりました。

本当に本当にありがとうございました。

わたしも思うは、観に来てくださった方々、影で大きな力になってくれたスタッフの皆さん、直子さん、孝さん、マドモアゼルのメンバーへの感謝です。
2週間の長旅はいろんなことを教えてくれて、舞台という場所の尊さを痛いほど実感させてくれました。

わたしは、1夜から5夜まで連続でスタッフとして関わることができました。どの回も本当にいい空気に包まれていて、わたしたちは幸せだなぁ こうやって応援してくださる人たちが近くにいるんだなぁと毎夜毎夜思っていました。
しつこいほどの感謝です。


そして第6夜もこれからの自分にとても意味ある一夜になりました。
自分の中にある種をどう育てて花を咲かせるか…どう外に出すのか、どう『見せるダンス』にするのか、
舞台本番の時間も作った過程の時間ももう一度しっかり整理してまた先に進みたいと思います!!


マドモアゼルは秋のツアーに向けて発進です!

わたしは舞台に立つ身体をつくります!

そして、マドモアゼル・シネマ、セッションハウスの旅はまだまだ続きます。
この先にどんな大陸が見えるのか、一緒に冒険を続けていただけたら幸いです。


ではでは、改めて…

ありがとうございました。

ぐるりと回って、れいさ~ん!

by madocinema | 2009-09-11 18:42  

終わった…

第5夜担当の相原美紀です。『一人一夜物語』見に来て下さった皆様、ありがとうございました。

マドモアゼル・シネマはいろいろな方に支えられていることを改めて実感しました。その全ての方に感謝申し上げたいです。見に来て下さる方がいなければ舞台は成り立たないし、スタッフがいなければ舞台は作れません。私一人頑張ったところでほんとにちっぽけなものしかできないということを身をもって感じました。普段一番近くにいる直子さんやマドダンサー達にもです。そしてやっぱりマドは特別だとも思いました。支えてくれている方が並々ならぬ情熱をマドに注いでくれるからです。見に来て下さる方は平日にもかかわらず連夜駆けつけ、暖かい拍手を下さるし、スタッフは日ごとに変わる舞台作りに快く対応してくれるし、時間が無いなかで私の注文をはるかに上回る物を作ってくれるし。こんな環境で踊れる所は私には他には無いでしょう。

内容については、第5夜の私は最終的には当初の意図通りダンスに絞ることにしました。そこに行き着くまでに時間がかかってしまいました。一人でやると何をやっても変わり映えしないなあ。マドのダンスはいつもどうやって出来上がっていくんだっけ?とずっと思っていました。踊りたいのに全然ダンスが作れず、本番どうなるんだろうと、異常な日々でした。結局は本番一発勝負になってしまいました。悔しさの残る舞台となりましたので、課題がまた増えました。

来週からはまた皆でのリハーサルが始まります。11月にブルガリアとオーストリアに行って踊るためのリハです。今回の経験は活かさなければ。

いろいろ感じていますが、今日書くことができるのはここまで。なおちゃんもいろいろ思うところがあるでしょう。

by madocinema | 2009-09-05 18:50  

『一人一夜』ご来場ありがとうございました!!

つくばからこんにちは、第4夜担当の伊藤茉野です。

マドモアゼル・シネマの「一人一夜物語」、全6夜終了いたしました。
1人ずつの奮闘にお付き合い頂いた皆さま、それからマドモアゼル・シネマを通し券持参で見守って下さった応援団とも言えるお客様、本当にどうもありがとうございました。
ギャラリーの距離感の中で、やはりダンスはそこに一緒にいて下さる皆様があっての作品なのだということをひしひしと実感いたしました。
心から感謝申し上げたいと思います。

昨日は、なおちゃんの一夜、そして、私達にとってもラストナイトでありました。
朝からスタッフとして入らせてもらい、改めてこの企画に参加することがどういうことであったのかを考えざるを得ない感じになっています。
まだまだ噛み砕き、吸収し切るに至ってはいないのですが、自分の夜を終え、そして全員の夜が終わった今、
この秋の海外ツアーという本来の大きな目標物が自分の中ではっきりと見えてきた清々しさのようなものが体に響いています。

セッションハウスという一つの建物の中で、スタッフをしたりレッスンを受けたりリハーサルを進めていくという営みそのものから、マドモアゼル・シネマのダンスは生まれていきます。
ここにいていつも感じるのは、“ダンスが人の間にある有様とは何か”を常に見つめ直す機会に恵まれているということです。それはここで出会う全て人々がそう教えて下さっているからです。特に、舞台に足を運んで下さる皆さまへ、いつも面と向かっては言えませんが、この有難さや感謝の気持ちを心の中にいっぱい持っています。


私自身の一夜は、最初に≪ダンスの見方、見せ方を探究をする冒険≫という企画を聞いた時にふと思いついた光景が本番の日に現実の景色となり、私としては本望でございました。
当日駆けつけて下さったお客様の全員が、一つの輪となって踊って下さった時間と笑顔を、いつまでも忘れないでこれからも精進して参りたいと思います。
どうもありがとうございました!!

…ただ、このブログに登場しているクレイジーアドバイザーにも愛あるご指摘をもらいましたが、私自身の課題はもう一山乗り越えきれなかった感も残りました。
次回、皆様にお会いする際には、もう一つ、体を動かす事でお客さまと共有できるものを自分の体から探り出していきたいと思います。


最後に、マドモアゼル・シネマの全てのお姉さま方に、感謝申し上げさせて下さい。
ダンスはその人を映す鏡、皆さんのダンスが美しい理由が身にしみて分かりました。いつもお世話になっています。どうもありがとうございます!これからもどうぞ宜しくお願いします!!

それでは・・・
第5夜・第6夜のみきさん、なおちゃんにバトンパスです。

by madocinema | 2009-09-05 13:49  

いやはや

5夜が昨日終わりました。
本当に一人一人異なる色が出てきて、個性ありすぎる人たちと共にいることを実感しています。
そして、だからお互いに生かされているんだなと思うのです。

あっ、まいこです。
梓が写真を載せてくれて、嬉しい限りです。
相棒とどうからむか、格闘中のひと時です。
しかしたれ目だなァァァ・・・

禁じての金曜日。
なおちゃんがどんな禁じてを出してくるのか楽しみです。
自分の禁じてってなんだろう。
さぁ、みんなでなおちゃんのかもし出す空間をたのしみましょぉぉ

さっ、まやちゃんにパスッッ

by madocinema | 2009-09-03 09:16  

台風一過

b0083620_2463885.jpg

b0083620_2465592.jpg



またまたお邪魔します、梓です。
一人一夜、先週 麻衣子さんとたまみさんのソロを観に行きました。

愛嬌たっぷりくるくる七変化の麻衣子ソロ。
まっすぐと意志の見える、芯の通ったたまみソロ。

一人ずつ全然違った景色が見えるのが、この企画の面白さかもしれないですね〜
ビールやジュース片手に、楽しめます。

明日は、伊藤茉野 『20歳からのフォークダンス講座』
なんじゃそりゃ〜ってタイトルですが、何をしでかしてくれるのでしょうね、、

by madocinema | 2009-09-01 01:14 | ダンス