人気ブログランキング |

<   2007年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

まさちゃん帰国

たまみです。あっという間に11月も間もなく終わり・・・。早いもんじゃ。
先週末にまさちゃんがドイツへ帰っていきました。
まさちゃんとは昨年から1年ぶりの再会で、一緒に舞台を作り上げて、
あっという間の1ヶ月でした。
昨年よりもパワーアップした映像に仕上げてくれて、本当にありがとう。
今回の再会は懐かしい感情もあったのですが、不思議なことに、
「不思議な場所」を作り上げていく最中では、
まさちゃんが去年からずっと日本にいるような感覚になりました。
来年にも再会する予定ですが、そこでもきっと同じように、ずっと一緒にいたかのように
作業できることと思います。

現在マドはリハーサルは実施していませんが、来年の活動に向けて下準備中なのです。
私は先週はほぼ毎日そのためにPCに向かっていました。
みんな色々な現場でがんばってますよー。

おととい、まいちゃんが風邪気味なのに赤い顔して踊っていたのがちょっと心配です。

by madocinema | 2007-11-29 00:40 | ダンス  

なんだかんだいって

リハーサルがないときでもこの時間まで起きてしまっているたまみです。
なので、いつも朝は起きて30分もしないうちに出勤です。
ギリギリまで寝るのが好きです。

今日はセッションハウスでちょこちょことお仕事をした後、
帰りの電車でゆったりゆられていたら、だんだん咳と鼻水がひどくなり、
風邪とは何かが違うなぁ、目がかゆいよー、何でやー!と辺りを見回すと、
すぐ隣の女性が大きな花束を持っていて、どうやらその花粉に反応してしまったみたいで・・・。
アレルギーを多々持つ私にとって、なかなか住みにくい、この東京砂漠。
だんだん寒くなって体調を崩しやすい季節ですので、皆様、健康管理にご注意を。

そして次回マド公演の仮の日にちを聞きました。4月です。
来年4月は、踊って4月バカですよ。

by madocinema | 2007-11-21 02:27 | ダンス  

写真アップ

たまみです。
先ほど不思議な場所の写真をホームページにアップしました。
素材は山ほどある内から選びました。
孝さん、パパラッチたかしの異名をとるだけあります。

岩国・東京・松本3箇所の写真をそれぞれ織り交ぜて載せてみましたが、
ここに載せれなかったけれども、素敵な写真はいっぱいありました。
改めて、場所が違っただけで見え方が様々に変わることに興味深々となりました。

ワークショップの模様や、みんなで仕込みをしている様子、まち飛びフェスタでの野外ダンス、
それぞれ面白い写真がいっぱいあったので、それはまたレポートいたします。

とりあえず、ご来場できなかった方も、いらしてくださった方も、
各舞台での様子を楽しんでみてください。

by madocinema | 2007-11-18 02:29 | ダンス  

久々に

たまみです。

ツアー終了から早くも1週間。恐ろしいくらいの時間の早さです。
気づけば11月も半ばで、あっという間に来年になってしまうのですね。
最近は朝晩がもう寒いです。脂肪が少なめなのでとても寒いのです。

今日は改めて、ツアーの反省点を文章化しました。
別にどこかに載せるというわけではないですが、
気持ちが冷めないうちに、今後に役立てることができるように。

写真も近々整理して載せます。
いろんな劇場のバージョンを載せられたらなぁと思っています。

この間の月曜、直子さんのクラスに、なんと、まさちゃんとやすのちゃんがやってきました。
普段コンピュータと向き合っている彼女たちが、ダンス体験です。
あ、普段コンピュータと向き合っているといえば、私もそういう仕事なんですけどね。
でも、まさちゃんもやすのちゃんも、とても楽しそうでした。
生き生きとしていました。
何か新しい発見があって、それが彼女たちが作り出す映像や音楽に引っかかってくれれば
体を動かしている身としては嬉しいですね。
ただ、その後、どのように筋肉痛になったかは、まだ知りません・・・。

by madocinema | 2007-11-15 00:04 | ダンス  

ありがとう

麻衣子です。

見に来てくださった方、本当にありがとうございました。
強行スケジュールの中、頑張ってくれたスタッフの皆様、ありがとう。
地方公演を立ち上げるために奔走してくださった、多くの方に感謝いたします。

いまだになんと言っていいのか分かりません。正直。
でも、舞台に立つために自分の身を削るということがどういうことなのか体験した気がします。
終わったときには何も残らないんですよ。
抜け殻・・・。笑。
でも、抜け殻が残るってことは、飛び立っているってことなんでしょうか。
蝉のように。

各場所に応じて作品を変えていく直子さんの頭は、万華鏡。
各場所に応じて形を変えていく私たちの体は、まるで爬虫類。(虫でもいいか)
そこにあるのに、触れられない空間。蜃気楼。
いつか帰りたい場所。巣。
もう一度会いたい人に会いに行く旅。歩き続ける。
時間はいつも流れ落ちていて、止まらないし、留まりもしない。
だからこそ、瞬間が美しい。不思議な場所。

よく分からないことを綴ってしまいました。
まとまりのあるタマちゃんに比べ、頭のおかしい子のブログ・・・。
たまにはいいですね。許してください。

ずっと見守ってくれてる恵里花さん、ありがとう。きっと大笑いしてるね。

by madocinema | 2007-11-10 22:48  

ツアー終了、ありがとうございました!

本日、松本より無事に戻ってきました、たまみです。
昨日の最終公演を松本で終了し、たくさんの拍手をいただきました。
ご来場くださったお客様、本当にありがとうございました。
そして松本公演のために奔走してくださった、岩崎先生、どうもありがとうございました。

今回のツアーに関ってくださった全ての方、
ご来場してくださったお客様みなさまにお礼を伝えることは、言葉だけでは不十分なのですが、
ダンスでお返しできていれば幸いです。

今回の舞台は色々な意味で濃密で、ダンサー個々の成長が問われる舞台だったのですが、
ひとりひとり、背負っていることに対して責任を感じながらリハーサルに臨み、
そのことが結果として見えたのではないかと自負しています。
もちろん、舞台は生き物なので、これで完成形ではないため、
数日経って冷静な視点で見直してみると、さらに向上できる部分が挙がってくるでしょうが、
現段階での最高を出したつもりです。
マドはまだまだ進化するので、「不思議な場所」で少しでも共感できた皆様、
ぜひぜひ今後も応援をよろしくお願いいたします。

ひとまずツアー終了の報告まで。
詳細はまたNEWSにでもツアー報告としてまとめて記載したいと思っています。

by madocinema | 2007-11-08 23:50 | ダンス  

いよいよ最終公演!

松本より、たまみです。
東京公演の余韻に浸る間もなく、翌日の月曜日には松本へ移動し、
昨日には舞台仕込みと場当たりを1日がかりで行いました。
劇場は岩国とセッションハウスの中間くらいの広さで、
全体的に黒を基調とした空間です。
客席からみると、おもちゃ箱をのぞいたような、紙芝居の枠の中で出来事が起こるような、
不思議なことがたくさん見えてくる素敵な劇場です。

今日でいよいよツアー最終日。
この「不思議な場所」を踊るのも、今日が終わればしばらくないのです。
岩国、東京を経て、作品も少しずつ成長してきました。
松本の皆様に、喜ばしい時間を過ごしてもらえるように、
さらに成長した作品をお届けしたいと思います。

by madocinema | 2007-11-07 09:07 | ダンス  

岩国からのメッセージ

麻衣子です。
東京公演無事に終えました。一言では言いあらわせないです。
たまちゃんはきちんと言葉にしてすごいです。えらいです。
私はまた、ゆっくり時間があるときにかきますね。

さて、岩国で大変お世話になった原田さんから素敵なメッセージが
送られてきましたので投稿します!!

不思議な舞台をありがとう!  bummei

マドモアゼル・シネマのみなさん、ありがとうございました。素晴らしい舞台でしたね。
家って何だろう?たいへん不思議な感じがしました。イノセントな時間に戻れる場所なのかも知れませんね。あるいは少女に戻れる不思議な場所なのかも・・・舞台を通してそう感じました。
岩国でみなさんにお会いできてたいへん楽しかったです。
打ち上げで、もっともっとお話したかったのにあっという間に1時を過ぎてしまってとても心残りでした。

ワークショップも理想的にできて地域の関係者にも大好評でした。これも不思議なインパクトがあったと思います。
30日の仕込みのようすを見ていて、間違いなくすごい舞台になると確信していましたし、とにかく満席にしたいと奔走していました。
伊藤さんたちとは20年来のおつき合いになりますが、いいチームだなあとつくづく感心しました。

また、みなさんにお会いできることを楽しみにしています。
東京、まつもと公演とつづきますが身体に気をつけてがんばって下さい。
私たちもアートムーブ2007「具象の未来へ」が直前にせまっています。

アートムーブ2007<岩国>
実行委員会 原田文明

by madocinema | 2007-11-05 11:25  

東京公演、終わりました

たまみです。

今日の2回の公演を終了し、「不思議な場所」の東京公演は終了しました。
満員御礼。たくさんの方に盛大な拍手をいただきました。
本当にありがとうございました。

実はダンサーは今日初めて、東京公演の同時上映「ERIKA flashback」を見ました。
きっと早くに見てしまったら、舞台の方に集中できなくなってしまうような気がして。
たきしまさんが編集した映像の中のえりかさんは、いつも笑顔でした。
舞台で踊る姿も、リハーサルでアイデアを出している姿も、ハルちゃんをあやしている姿も、
全てが美しいのです。
マドの仲間からすると、懐かしさと愛おしさで溢れた映像でした。

旅はまだ続きます。
明日は松本へ出発です。
最後まで気を抜かないように、松本の皆様にも楽しんでいただけるように、いってきます。

by madocinema | 2007-11-05 02:16 | ダンス  

東京公演初日終了

たまみです。
東京公演初日終了しました。たくさんのお客様にご来場いただき、本当に感謝しております。
予想以上の反響だったため、当日券を発行することができなく、
お断りをしてしまったお客様にはお詫びいたします。

山口より戻ってきてから、ちょっとした配置やタイミングの変更はあったものの、
それ以外は変えることなく、セッションハウス用「不思議な場所」を仕上げてきました。
本番は東京用の練習で、今まで通してきた中で一番良いできだったと感じています。
何がどうとはうまく言葉にできないのですが、全体的に集中したテンションだったのを感じたので。
実際、お客様からも暖かい拍手と終演後の熱のこもった感想をいただき、
多くの方に何かをプレゼントできたかなぁと思っています。
ご来場していただき、本当にありがとうございました。

実は今日は本公演の前のお昼に神楽坂全体でのお祭「まち飛びフェスタ」にて、
野外でのダンスを行いました。
朝から曇っていたのですが、普段の行いがよいため、ちょうど私たちのダンスの時分には
日が差してきて、明るい空の下で踊ることができました。
踊りだすと、あれよあれよと人だかり。
野外でのできごとなので、予定調和ではいかないのですが、
周りで起こることに反応しながら踊っていくと、不思議と絶妙なタイミングや、
思わぬ滑稽さが生まれたりして、そしてまちの人たちと触れ合うことができて
とてもいい舞台を提供していただけたなぁ、と思いました。

この後ゲネと本番だったので、今日は2.15回通しているということなのですね。
だんだんとこの激しい作品でも1日2回は通すことに慣れてきました。

明日はマチネとソワレの2回本番です。
慣れたからといって気は抜かないように、新しい集中を見つけたいと思います。
明日もよろしくお願いいたします。

そして山口公演でお世話になった実行委員長の原田文明さんより、
熱いコメントをブログにいただきました。どうもありがとうございます。
こうしていろいろな繋がりで私たちを支えていただけていると思うと、
感謝の言葉以外みつかりません。
お世話になった方々へのお礼は、私たちはダンスで返すのが勤めです。
いつでもそのとき最高のダンスができるように、これからも尽力いたします。

by madocinema | 2007-11-04 02:11 | ダンス