あと2日。

いよいよ100歳のお祝いがすぐそこですね~。
もしも私が100歳になるとしたら・・2083年!!
地球はあるのかなぁと漠然と不安になったり、あっさりと時間は流れて22世紀の日本人たちの世界があったりするのかなと思うと、不思議な気分です。

下駄パンマンかわいいね!

セッションハウスは100歳一色に模様替え。
まいちゃんのおっしゃる通り、わんこダンスですが、
インスピレーションを得た写真達が皆さんをお迎えします。
この一枚一枚が、本当に味わい深い。

ラストに近いところ、激しい走馬灯 というシーンがあります。
100歳を生きる人々のビジョンってそんな感じなのでしょうか。
というか、走馬灯を見る瞬間がきっと訪れる訳ですよね。
どんな走馬灯になるのだろうか。あのシーンに出会いたい、この人の笑顔を思い出したい、とか
いつか必ず訪れる死のために今を色鮮やかに生きようとするのは、とても前向きなことですよね。
もし私に子どもや仕事など、後に残していきたい大切なものが見つかっているとすれば、
その人たちが幸せにいられるような現在や未来を残したい。。
地球危なそうだけど・・

という切なる願いを持つのでしょうか。
100歳から始まる日記の正体が、リハーサルを通じて私なりに腑に落ちるものとなっています。

あとは、あと2日で出来ることを最大限、かたちに仕上げられるよう、頑張ります!!


では次はみきさん、お願いします。
[PR]

by madocinema | 2009-07-30 08:15  

<< あと1日とちょっと! あとちょっと~! >>