あと2週間です!

暑くて溶けてしまいそうですが、いかがお過ごしでしょうか、たまみです。
先週、本番だったとは思えないくらい時が経つのは早いです。
びっくりです。

「100歳からの日記」も徐々にヒートアップしてまいりました。
やっぱり現場につむぎねの音楽が加わってくると違いますね。
無音で練習していたシーンも合わせてみると微妙に違っていたりして、
そうするとダンスもこうした方がいいのではとか、
音もこう変えた方がよいのでは、と、コンパスの針をピッタリ合わせるように
お互いの向きを整えていく感じです。

そして今回の新たな挑戦は、いつもと舞台組みが異なるということです。
2方向からの客席なので、体の意識はあっちこっちに巡らせなければいけないですが、
不思議な空間ができそうで、楽しみなのです。
そして私個人としては、チラシにも載っていますあの紙袋のお面ですが、
あれを被って舞台に出るのは実は初めてなのです。

b0083620_033138.jpg

このお面ね。

前回の舞台ではこのシーンで別のことをしていたので、今回は初お面となるわけですが、
こんなに視界が狭く、呼吸もあまりできない状態で踊っていたことを感じて、
だけれどもこれもまた楽しみなのであります。

もちろん、リハはものづくりの現場なので、楽しいだけではないのですが、
一技さん、大樹さん、つむぎねと共に、いつものマドではできない空間ができるはずです。
楽しみにしていただいて大丈夫です!
[PR]

by madocinema | 2009-07-19 00:45 | ダンス  

<< はいっ! 映像アップなのです >>