決戦の時は近い!

はいはーい。つむぎねボスやすのです。

「100歳からの日記」いよいよ1ヶ月を切って気合いが入ってきましたね!
まだダンスと音楽の本格的な合わせはこれからですが、
マドモアゼルの練習をのぞきつつ、こちらも土日にこつこつと練習を進めています。

さあ、生でぶつかり合ったらどんな化学変化が起きるのか!?
とてもわくわくしますね。

今回は、さらに一枝さん、大樹さんというとても素敵なお二人が加わるということですし、ますます、どうなるか想像を超える予感です。
まだお二人にはリハでお会いできていない私、二人の存在感とエネルギーに直接触れる日がもうすぐで、とても楽しみです!

最近私は一枝さんの「眺めのいい部屋」というエッセイを読んで、
密かに一枝さんと心の交流をした気になって、勝手にとても親近感を感じてます!
なんだか、ゆっくり一緒にお茶を飲んでおしゃべりしちゃったみたいな気分。

一枝さんの日常の捉え方や見ている視点、こだわっている感覚、ものたちがとても素敵で、私もこんな風に日常を丁寧に見つめて、こだわって過ごしてみたいなあと感じました。なんだか日常をきれいな色紙に包んできゅっと抱きしめて大切に保管しているみたい。

そんな一枝さんからにじみ出る空気感や、素敵な言葉たちが、きっとこの作品にきれいな色をにじみだしてくれる気がします。

もちろん大樹さんの力強くてしなやかな身体も楽しみです。

音楽隊も同じくらい強さと激しさ、優しさを出していけるようがんばりますよ!
私の中で、今回の音楽の密かなテーマは、、

「奇妙で力強くて魂を揺さぶられるような音楽」

さあ、辿り着けるでしょうか??
決戦の時はもうすぐですね!ぜひド派手にぶつかり合いましょう〜。

では、お次はまやまやにパス!
[PR]

by madocinema | 2009-07-06 23:36  

<< 発見!! にっぽんの夏、マドの夏 >>