河原田君紹介

b0083620_14241288.jpgたまみです。
いやーびっくりしました。この写真。昨日合流した河原田君です。彼のリハはまだ始まったばかりなので、写真がなかったため、以前ソロをやったときの写真をアップいたしました。
この写真を開いたときに、「え?獅子舞?」と一瞬思ってしまいました。しかもはさみを持っている上に、その持ち方が普通の持ち方じゃない・・・。一体どんなソロをやったんだろう。
この写真で彼は顔が金色になっていますが、「ワーズ・アパート」でも、ある意味金色になって登場するシーンがあります。そのシーンを昨日練習していましたが、みんなで腹を抱えて笑ってしまいました。
今後もっと作品を練っていくうちに、彼がどう絡んでくるのか楽しみです。それにしても、マドモアゼルに男性が参加するときは、いつも新鮮で、何か新しい方向に進む予感がします。
[PR]

# by madocinema | 2006-05-05 14:31  

全員集合!

若干、大腿筋疲労気味のたまみです。
本日、河原田孝徳君が日本へ到着し、「ワーズ・アパート」出演者全員がそろいました!
彼は今「シアター・クリッパ」にてイディット&ディマと活動しています。
22~23歳だと噂で聞きました。若い・・・。

今日は、ひたすらユニゾンの練習。着物を着てのユニゾンなので、とにかく動きにくい!
着物だからといって、体の可動範囲を狭めることはなく、
はだけても、裾が落ちてきても、歩幅は広く髪を振り乱しながらガンガン動きます。
そしてなぜだか腰の低い動きが多く、私の今日の大腿筋疲労の原因はそれにあります。
でも、今日一日でぐんとユニゾンがよくなりました。シャープでメリハリがでてきました。
その分、着物の崩壊も進んできました。

明日からは最初から通してのリハーサルです。
ダンスも衣装も修繕です。
[PR]

# by madocinema | 2006-05-04 01:49  

「オルフェウス」リハーサル風景

b0083620_14194195.jpgたまみです。
今日からGWですね。GWは集中リハーサルです。
燃えますよ。
さて、イディット&ディマの「オルフェウス」のリハーサル風景をお届けいたします。
「オルフェウス」はタイトルどおり、ギリシャ神話からの創作です。
私が小学生の頃買ってもらった星の図鑑に、星座のもととなった話が挿絵とともに載っていたのですが、そこにも「オルフェウスの竪琴」はありました。このリハーサル風景を見て、そのとき読んだ「オルフェウスの竪琴」の記憶がババーっと頭の中に蘇った気がしました。
b0083620_14293517.jpg今回、イディット&ディマが「オルフェウス」を創作する過程で決めていたことは、オブジェは全て新しく作るのではなく、自宅にあるものを作り直して使用する、ということだったそうです。もともとある”物”が持っている意味を新たに違う意味を持たせる。デザインの世界ではそういう概念があるそうです。それにしても、先日のビデオ会で見せてもらった小道具からは、何でこんなものが自宅にあるんだ?って思うような物もありました。それらをこここで全て紹介できないのが残念!
b0083620_14344933.jpgでも工夫すれば周りにあるもので色々な風景が作れるんだなぁとつくづく感心しました。新しく作り直すことによって、その物が何なのか、想像力を掻き立てられますよね。
そしてもうひとつ感じたのが、デュオなのに物をうまく使うことによって3人いるように見せてる演出。すべての写真を見て、「あ!あのシーンだ!」とすぐわかるのです。これがまた舞台に乗っかると面白いんだろうなぁ。
b0083620_14381974.jpg他にも映像を使用したシーンとかありました。チラシに載っているディマの写真がそうですね。
何だか物ばかりの話になってしまいましたが、この「オルフェウス」の面白そうだなぁと感じた点は、イディット&ディマの表情です。当たり前のことですが、目線、口の角度、顎の角度、頬の筋肉、どれをとって見ても無駄がなく的確。顔だけみても、今どういう心情でいるのか、ということが感じ取れる気がします。
b0083620_1525372.jpg本番が楽しみになってきたと同時に自分たちの作品の方が心配になってきました。マドモアゼルの舞台はだいたいいつも小道具が多いのですが、今回はそれにも増して多い!大道具もですが。それぞれのシーンで何をを見せたいかが的確だから多くなるんですけどね。
気づけば本番まであと10日もない!!
がんばれ、自分!がんばろう、みんな!
[PR]

# by madocinema | 2006-05-03 15:17  

すごい!

お疲れ様です。すごいね、ブログ。ここまでとは思いませんでした。ほんとにたまちゃんおつです&どうもありがとう。
日曜の野外ワークでは、なかなか文明人から野生児へと自分を開放するのがむずかしかったけれど、とにかく外にいること自体が気持ちよかったよね。
そして、普段とは違うみんなのオタケビにびびったですわ。すご!!かったね。みなさま。
普段どれだけ安全なところで色々なものに守られながら暮らしてるのかということに、改めて気づかされたなあ。
しかし、イディット&ディマはどうやっていろんなエクササイズをあみ出してるんだろうか??
いっつも目からうろこ。。。ポロリ。。とやられます。
これまでに自分がやったことのないことに挑戦するって、魅惑的だね。
これからリハーサルも佳境に入るね。がんばりましょ~~!
バイ★デミ
[PR]

# by madocinema | 2006-05-02 14:30  

続・野外活動

b0083620_26663.jpgお疲れ様です。たまみです。野外活動での写真がさらに新しく増えましたので、アップしてみました。正直、この日のカメラマンは直子さんだったので、ちゃんと撮れているのか心配だったのですが、(すみません。)なかなかいい絵が撮れていました。右はケイちゃん。たたずまいが自然でいいですね。この写真から舞台での彼女の変貌ぶりはとても想像できないと思います。b0083620_210669.jpg
えりかさんも何だか、その場に溶け込んでいますよね。この衣装にもかかわらず。
今日レッスンに行って気づいたのは、足の裏の感覚がいつもと違うことでした。多少傷があって痛いというのもあったのですが、昨日いろいろな荒地を歩いたせいか、感覚が鋭くなっている気がしたのです。足の裏のどの辺に体重がかかっているのか、とか、どの面で床と接しているのか、などなど。b0083620_2164045.jpg
そして右側はミホちゃん。入水しちゃってます。彼女のやる行動はとにかく大胆でした。イスラエルでイディット&ディマと一緒に作品に携わっているから、私たちの中で一番シアター・クリッパの世界を知っていると思います。だから、"ダンス"という既成概念にとらわれず、他人がどう思おうと自分が面白いと思うことをどんどん意見し、チャレンジしてきます。
b0083620_2215134.jpg
先の3人の美しさに対し、こちらの2人はたくましいです。こんなことができるのも野外ならではですよね。下のでみちゃんは、なんというか、某栄養ドリンクのCMのごとく、「ファイト~!いっぱーつ!」といった感じですね。怪我がなくってなによりです。b0083620_2245120.jpg
さてさて、今日のリハーサルは今までやったことを最初からつなげてシーンにしてきました。様々な"ことわざ"を意味するシーンが同時多発的に進行していきます。イディットが最初に言っていた、ブリューゲルの絵画「ネーデルランドの諺」をイメージした、というのはこのことだったんだなぁと何となく感じました。本番まで残り少ないですが、お客さんに楽しんでもらえるように、皆で作品に取り組んでいきます。よろしくお願いします!
[PR]

# by madocinema | 2006-05-02 02:33  

野外活動の道は険し

b0083620_21383353.jpgお疲れ様です。たまみです。本日は藤野駅からさらに30分ほど山奥へ歩いた超穴場スポットにて、野外活動リハーサルを行ないました。崖、川、草原の3拍子そろった「これぞ自然」という環境に囲まれての練習でした。前半戦は各々で「踊らない。だけど、ただそこにいる。」ということをテーマに自然の中でたたずんでいました。木に登ったり、土の上をはだしで歩いたり、川を渡ったり、草に寝そべってみたり。
b0083620_21565286.jpgそして後半戦。誰ともなく誰かがリーダーになり、誰かがやった行動を真似する。声を出してもいいし、疲れたら真似しなくてもよく、全員が同じことをやらなくても、グループが分かれてもよい、というルールで。
 草の上に寝そべったり、崖を登ったり、川の中に体を沈めてみたり、と、東京ではまったく体験できないことをやりました。しかも動きやすい服装ではなく、ある程度衣装っぽい衣服を纏ってだったので、その服は汚れるやら、川の水を吸って重くなるやらで、だんだん体が重くなるのを感じました。
b0083620_2234053.jpgただ、その自然の中で、ディマがジャンベ、フルート、その辺で拾ってきた竹筒を演奏し、心地よい音色を奏でていたので、つらい、という感じはなく、時々ジャンベのリズムで野性を感じることができました。
b0083620_2295450.jpg
やりながら思ったのは、自分の体はとても弱いということです。木に登ったり、川を渡ったりしている間に、足の裏は知らないうちに傷だらけになっていました。草や木や土にいる虫は、生き抜くために外から守る術を知っているのに、自分はその中にいると、とても弱い存在になっていました。
b0083620_22163919.jpg
今日やったことがそのまま舞台にすぐ活かせるとは思いませんが、今日感じとったことは忘れないでいたいです。
そして帰りはきた道を再度歩いて藤野駅まで。なんだか体育祭や水泳大会の後のように気だるい疲労で、案の定電車の中では爆睡でした。
[PR]

# by madocinema | 2006-04-30 22:21  

リハーサル風景です。

b0083620_2210783.jpg
さっきホームページを更新いたしました、たまみです。
写真ができましたので、アップいたしました。
これを見るといったいどんなことをやっているんだー!という感じですよね。
そして今回はいつも以上に、衣装や小道具が多いため、現場はどうしても散らかってしまいます。
目についてしまった方、申し訳ありません。
本番はもうちょっと整っているはず。
b0083620_22123224.jpg
そしてこの脚立の上での練習。
とにかく高いところが苦手な私はなんだかいつも下段でオロオロしながらそれらしく動いています。
高いところで平気で背中反ったり、降りる途中で足を棒にひっかけて体が逆さになっている皆に拍手を送りたい!
私も一応、頭の中では「アレグリ~ア~♪」と音楽が流れているんですけどね。b0083620_22212852.jpg
英語を流暢に操れるのは3人くらいしかいませんが、みんなイディットとディマの伝えていることに真剣に耳を傾けています。ただ、体を使ったダンスを通しての言葉なのでボディーランゲージも多く、皆の目指している方向が同じだから、普通の会話より理解しやすいなぁ、と感じています。たまに勘違いも発生していますが。
b0083620_22284363.jpg
右はみんなで振り写ししているところです。
それぞれが考えた「美しいと思うダンス」と「醜いと思うダンス」をチョイスし、みんなでそれぞれの動きを覚えています。これは最年少のなおちゃんが考えた振りをみんなで教わっているところですが、腰が痛い・・・。わけーもんの動きには、なかなかついていくのに必死です。b0083620_22365592.jpg
それにしても、イディットとディマは自分たちの「オルフェウス」の練習の後、この「ワーズ・アパート」のリハに取り組んでいて、大きな作品を同時に考えているんだから、すごいです。
マドダンサーも、それに応えようと、とにかくみんな遅い時間まで頑張っています。
いい舞台にしたいと思っていますので、楽しみにしていてください。
b0083620_22393985.jpg
そしてイディットとディマの素顔。これがチラシの写真のように化けるんですから、すごいですよねぇ。イディットはこの写真をみてディマの顔を「パンケーキみたいだ」と言ってゲラゲラ笑っていました。ディマはいつもイディットを見守る縁の下の力持ちみたいな方です。
明日は野外でのクリエーションです!日ごろ夜に活動している私にとって、外界の光が目に痛そう!でも、明日は晴れで暖かくなると聞いているので、外でどんな発見があるか楽しみです。電車に乗り遅れないようにしないと。
[PR]

# by madocinema | 2006-04-29 22:47  

シアタークリッパ ビデオ会

たまみです。
19:00からのシアター・クリッパのビデオ会にいってきました。
彼らの作品を抜粋ですが何作品か見ることができました。

どの作品もまったくカラーが違い、スケールがでかい!
"ダンスをする舞台"ではなく、"ダンスを含めて舞台美術・音楽・衣装・メイクを
すべて融合させたアート”だと感じました。

時間があれば全ての作品をじっくり見たかったです。

今回日本で上演する「オルフェウス」もどんな作品なのか、
とても気になります。

ビデオ会が終わった後に、ディマに「オルフェウス」で使用する小道具を
見せてもらいました。
ディテールがくすっと笑える小道具でした。
あれを作品の中でどうやって使うんだろう。
[PR]

# by madocinema | 2006-04-29 03:06  

これが"花より団子"のもとらしい・・・

徐々にここが私のぼやきの場となりつつある感のあるたまみです。

今日のリハーサルは体中が痛くなりました。

イディットから出されたテーマは
「自分が美しいと思うダンス、醜いと思うダンスをそれぞれ3つずつ作って」
というものでした。ひとり計6つのうちからいくつかイディットがチョイスして
それを全員が覚える作業。約40種くらいの短いダンスを覚えて、今後これを
ユニゾンにしていくそうです。
そのうち写真もアップする予定ですので、どんなことをやっているのかお楽しみに♪

思ったのは、自分が何気なく動いている振りを人に伝える難しさ。
そして、普段気にとめずに動いていることを周りから
「ここどうやってるの?」と聞かれるため、
無意識に体を使っている部分が多々あるなぁ、ということです。

リハ中空腹でなかなか集中できなかったのですが、
帰って麻婆丼を食べてようやく元気がでてきました。
やっぱり動ける体にするためには、
ちゃんと食べていないとだめですねぇ。
[PR]

# by madocinema | 2006-04-26 03:10  

ただいま帰りました。

リハーサルよりただ今自宅へ帰ってまいりました。たまみです。

9時半からは居酒屋「たけちゃん」で飲みながらの話合いみたいな感じだったのですが。
ちなみに私は下戸です。

今日のリハーサルでは、皆それぞれ3つの"ことわざ"を選んで、
それを舞台上で視覚化しました。
最初のリハで選んだことわざが1つ。今日は3つ加算され、それぞれ4つ。
×10人分なので、全部で40種類。
これから、今までやってきたことをさらに深めて形にしていく感じです。

なんだか体よりも脳みそ使ってます。
もちろん、これから体も使っていくのでしょうが。

イディット&ディマとクリエーションが深まる度に、もっと英語で話せたらなぁと痛切に感じます。
しかしながら、日本語のことわざを英語にするのは、
なかなかニュアンスを伝えることが難しいですよねぇ。
[PR]

# by madocinema | 2006-04-24 00:06