『不思議な場所』練習風景

b0083620_22484988.jpgたまみです。
秋の色もすっかり深まり、空気にキンモクセイの香りを感じたり、朝起きるときに布団からなかなかぬけだせなかったりしております。
『不思議な場所』も残すところ1ヶ月を切りました。きゃー!!!
写真は先週の日曜日(10/1)の模様です。3月の公演『現実蜃気楼』をもとにクリエーションしておりますが、新しいシーンもどんどん作っております。
b0083620_22514051.jpgこの日は8時間リハーサルだったので、終わった後にはどっと疲れが・・・。
けれども、長い時間かけてクリエーションできることは、非常に大切で、この時間のおかげで作品の内容がぐっと深まったり、新しいシーンをひらめいたりと、通常の2時間リハーサルではできないようなことができたりします。
b0083620_22545627.jpgそして10月4日から、映像担当のまさちゃんがベルリンからやってきました!まさちゃんお帰りなさい!
彼女が育ったベルリンの街の風景を様々な視点からとらえた映像を少しだけ見せてもらいました。ただ美しいだけではない、ベルリンという土地柄、避けられない現実を含んだ、”今”のベルリンでした。その他にも様々な映像を用意してあるらしいのですが、まだすべては見せてもらってません。
b0083620_22592615.jpgその様々な映像といろんな体を持つマドのダンスがどのように溶け合っていくのか、とても楽しみですし、うまく融合できるようにこれから手を取り合って作業開始です。
明日もロングリハーサルです。昨日はロングリハーサルに向けて、久々に焼肉を食べて体力をつけました。
[PR]

# by madocinema | 2006-10-08 23:04  

ジャンさん&斎藤徹さんDUO

こんばんは、たまみです。
本日、セッションハウスにてジャンさん&斎藤徹さんDUOを見てまいりました。
満員で調整室から見ていたのですが、
その場所からでも、お二人が緊張感を漂わせつつも
このDUOを楽しんでいらっしゃることがビシビシ伝わってきました。
ダンスも音楽もハイレベルであるのに、観客が距離感を感じず、
コミカルなシーンでは大爆笑し、研ぎ澄まされたシーンでは集中して見入っている、
そんな会場が一体となった舞台でした。

本当によいパフォーマンスを見たその一週間は、幸福な気持ちになると同時に、
そこで学んだことをどう自分に還元しようか、という気持ちになります。

明日もまた「不思議な場所」のリハです。
今日のことを活かして、先週よりもさらにクリエーションが良い方向に
進めるように、努力したいです。
[PR]

# by madocinema | 2006-09-25 01:51  

台風一過

どうも、深夜族、たまみです。
まいちゃん、ごめん。
あの言葉に関しては勘違いしてましたね。
私がしっかりしてそうに見えて、結構いい加減な人間だということが
露わになってまいりました。

台風がひどく、九州各地では被害が続出しています。
私の鹿児島の親戚、昨年の鹿児島公演でお世話になった皆様、
5月の福岡公演でお世話になった方々、
皆様大丈夫でしょうか。

思えば、昨年9月の鹿児島公演は、台風直撃で、
吹き荒れる雨風の中、舞台装置を搬入したものです。
あのとき、けが人がでなくてなによりの状態でしたよ。
大自然の脅威の前では、手を打つ方法が事前には見つけれないです、ほんとに。

3連休も終わり、今週はまた連続リハーサルがやってまいります。
自分の踊りにはまだまだ、これっぽちも満足していないので、
日々課題を見つけてクリアしていこうとする日々です。
[PR]

# by madocinema | 2006-09-19 02:30  

まいこです

いやいや、虫の声も夏から秋に変わってきました。
たまみ姉さん、いつもありがとう。感謝してます。
が、
たまみ姉さん、「お前は橋の下で拾ったんだ」は、私が兄から言われたことですよぉ。
子どもながらに笑ってはいたけど、初めて言われたときはショックだったものです。一応ね・・・
兄弟喧嘩も今では笑える出来事だったりするけど、そのときは真剣なんだよなぁ~
よぉぉく、覚えているのは食卓にいつものっていたトマトでの喧嘩。
一応、一人何個って決めて母は切っているんですよね・・・
ここで、問題なのは、好きなものを最後に残すタイプの私と先に食べるタイプの兄。
この性格の違いでトマトを何個食べたかの喧嘩。よく勃発してました。
おかげでよく泣いたなぁ・・・トマト泣きですよ。
トマト泣きで思い出した。
小学校4年生(ベルリンの壁崩壊した年だ・・・)のときの担任の先生が
給食残すのを許さないタイプの先生で、席が隣だった男の子が大のトマト嫌い。
昼休みに差し掛かっても絶対食べようとしない。
しかも泣き始めていていたもんだから
先生に見つからないように私がこっそり食べてあげた・・・
今でもフルネーム言えるその男の子、Sくん、
大人になった今でもトマト食べれないのかな。。。

なんて、初投稿でトマト談義してしまいました・・・
ではでは。また。
[PR]

# by madocinema | 2006-09-12 02:21  

原田松野 衣裳展の模様

こんばんは、たまみです。
日曜にDRESSページを更新いたしました。
8月25日~29日に実施された、原田松野衣裳展の模様を掲載しました。

写真ではあの衣裳の細部を伝えきることができなくって悔しい!
もし次回、展示会があるときは、是非是非じかに見ていただきたいです。

それにしても、展示してあった『現実蜃気楼』の衣裳には苦い思い出が・・・。
最初に衣裳を着てランスルーしたときのわたしの駄目だしが、
「衣裳に着られている」だったからです。とほほ・・・。

今度の「不思議な場所」では、衣裳を制して舞台に臨みますよ。
ボクシングの「左を制する者は世界を制する」、
バスケットの「リバウンドを制する者は試合を制する」ですよ。

原田先生も何やら今度の衣裳について、新しくイメージが湧いているそうなので、
どんな衣裳になるかが楽しみです。
[PR]

# by madocinema | 2006-09-12 01:32  

「不思議な場所」news更新!

こんばんわ、たまみです。
ホームページのNEWSを更新しました!
11月公演の「不思議な場所」の情報を掲載しております。
今回は文化庁芸術祭に参加しておりますよ。
祭りですよ、まつり!
神楽坂まち飛びフェスタにも参加しておりますよ。
まちを飛んじゃいますよ。

ただ今リハーサルの真最中ですが、まだ始まったばかりなので、
色々試行錯誤しながらアイデアを出している最中です。
「不思議な場所」は、家や家族をテーマにした作品であるため、
クリエーションの中でもダンサーそれぞれの家族の話を聞いて、
それをシーンに活かそうと試みるのですが、どの家族もそれぞれ特徴的で、
それぞれに思い出があり、共通点もあるなぁ、と感じました。

例えば、『お父さんから言われた言葉で覚えている言葉は?』というお題で、
れいちゃんは「お前は橋の下で拾ってきたんだ」と言われたらしく、
(お父さんは冗談だったけど、れいちゃんは本気にしたらしい・・・)
それは私も小さい頃冗談で言われていて、似たようなところがあるなぁと感じました。
ただ、私の場合は言われたら3倍にして言い返す口達者な子どもだったので、
「いつか本当のパパがヘリに乗って迎えにきてくれる。」と言い返してましたけどね。

この作品の中で、色々な家族・家の風景が見えたらよいな、
と思いながらクリエーションに取り組んでおります。
[PR]

# by madocinema | 2006-09-08 23:25  

これからリハーサルです!

こんばんは!なおです。
「不思議な場所」のリハーサルが21:30から始まりまーす☆
みんな1日の仕事を終えて集合!
笑の中から生まれるアイディアを試行錯誤してダンスに変えていく。なかなか濃厚な、ぎっしり詰まった2時間の秘密特訓?です^^

ではでは 行ってきま~す!でも ちょっと眠い・・・
[PR]

# by madocinema | 2006-09-06 20:47  

いってきました!表現者はリレーする

こんばんは、たまみです。
ジャンさんのパフォーマンスから1週間しか経っておりませんが、
本日(もうこの時間だと昨日か)も本番でした。
「表現者はリレーする」にてマドモアゼル・シネマは
7分ほどの小作品を力いっぱい踊ってきました。
場所は青山にある東京ウィメンズプラザ。
講演会などをやるにはいい場所なのですが、踊る目的では作られていないため、
踊る場所は舞台というより壇上で、奥行がなく狭かったのですが、
その中でもマドは跳んだり跳ねたり倒れたり回ったりしてきました。

今回は7分という短い時間の中で、
馬とび・だるまさんが転んだ・ハンカチ落とし・鬼ごっこ・花いちもんめの遊びと、
成長期の体の変化とをモチーフにしたダンスを踊ってきました。
”平和への願いを声にして輪を広げよう”という会である「表現者はリレーする」で、
こういう子供たちが見れる風景がなくならないように、という願いを込めて踊った作品です。
しかし、7分はあっという間でした。この短い時間で何か伝えられたかなと思ったのですが、
最後の礼をしてお客さんの顔を見たら、にこにこしている方がたくさんいらっしゃったので、
温かい気持ちになってもらえたな、という実感を得ることができました。

今回の会に参加して、いろんな方の話を聞いて再認識したことは、
ダンスだけでは生活していけないという不都合なことがありながらも
自分が今ここでこうして生きていて、踊る場があって、好きなことを表現できるということは、
非常に恵まれていて幸せなことなんだなということでした。
11月の「不思議な場所」のプレ・パフォーマンスのつもりでいましたが、
得るものが多い会でした。
[PR]

# by madocinema | 2006-09-04 00:41  

ワーク・イン・プログレス終了!

こんばんわ。たまみです。
ジャンさんとの第1回目の共同作業が終了しました。
本日のパフォーマンスにいらして下さった皆様、ありがとうございました。
短い期間でのクリエーションで、非常に大変でしたが、
とりあえず無事終了してほっとしております。

実のところ、昨日の最終リハーサルで2シーン増えました。
最終リハの前に一通りできあがったなぁ、という考えはやはり甘く、
やっぱりどの振付家も納得いくまで最後までねばりますね。
マドのときは直前まで変更というパターンは結構あるので、慣れてはおりましたが。
これで大変なのは、ダンサーよりも照明・音響の皆さんなんですけどね。

何度が時間をかけてこの作品を発展させていきたい、というジャンさんのご意向でしたので、
次回は今の数倍高い完成度を目指し取り組みたいです。

さて、次は来週日曜日の「表現者はリレーする」です。
怒涛のリハーサルがやってまいります。
[PR]

# by madocinema | 2006-08-28 01:28  

いよいよ本日最終リハーサル!

おはようございます。たまみです。
いよいよ今日の練習で最後となりました、ジャンさんのワークショップ。
昨日衣裳もつけて、全体を通しました。
前半のしっとりと美しいシーンと、最後のくすっと笑える愛らしいシーンが対照的な、
味のある素敵な作品です。

みんな熱心に練習しているため、ジャンさんからは通す度によくなっている、と言われました。
今日の練習でどこまでできるか、日曜の本番にいい緊張感を持って臨めるように
集中して取り組みたいと思っています。

今日は2時からのリハーサルの前に、原田先生の衣裳展を見に行く予定です♪
[PR]

# by madocinema | 2006-08-26 11:44