ハプニング待ち

ピナ・バウシュの『カーション』が埼玉に来ていたのにチケットが取れず、居残り組になった佐藤郁です。こんばんは。
今夜は、マドモアゼル・シネマのリハはお休み、マドメイツが夜な夜な熱く踊っていました。
b0083620_00320672.jpg

いよいよメイツも大詰め、最後の仕上げに入りました。細かいタイミングや動きの微調整が入り、一人ずつがきらきらし始めます。
ダンスをずっとやって来た子も、初めて舞台に立つ子もいます。そんなちぐはぐ凸凹が物語を深めます。年齢や経験関係なく共存できるのがコンテンポラリーダンス、ダンスシアターの素敵な所です。
なぜ踊るのか、なぜコンテンポラリーダンスなのかーーーー

今夜はそんなことを考えながら眠りにつこうとすると眠れなくなるので、やめておきます。
今は全力で回復。

それでは、今週末にセッションハウスでお待ちしております。

↓↓↓

マドモアゼル・シネマ『春の祭典』
マドメイツ『春のフーガ』

振付:伊藤直子
出演:マドモアゼルシネマ/マドメイツ
日時:3月18日(土)19:00〜 ×
     19日(日)14:00〜◎ /17:00〜◎
チケット:一般¥2,800/学生¥2,500
当日¥3,000

ご予約はこちら↓↓
最寄りのマドダンサー
or
神楽坂セッションハウス
TEL:03-3266-0461
e-mail: mail@session-house.net
[PR]

by madocinema | 2017-03-16 23:56 | ダンス  

<< いよいよ「春の祭典」本番! 19!! >>