19!!

みなさまこんばんは。
今夜は、浅川マキの「今夜はおしまい」をお送りします。もえです。

あと3日後に迫った「春の祭典」に向けて、毎日夜な夜な、研ぎすまされた夜行性の獣たちがリハーサルをしています。

どんどんと、春の訪れの鼓動を叩き続けるマドモアゼルシネマ、マドメイツの踊りは、出会いと別れの季節に、また今年も立ち会うであろう人々を、地中から見上げて、笑いながら、涙を流しながら、応援している、そんな骨格なき、感情の塊ダンサーからのエールであるような気がしています。

b0083620_1191811.jpg


2016年マドモアゼルシネマ公演「モノガタリを探して」より、舞台上からダンサーを通して、スタッフさん、お客様を捉えた瞬間です。際に立つと、見えてくる風景が変わってきます。良かったらいつもとは違う、際に立つ者になって、ぎりぎりの体験をしてみませんか?

「〜あの人がこの街に戻ってきても〜今夜はおしまい〜もう店じまい〜」
「マドモアゼルシネマ観たくても〜18日はおしまい〜もう見せじまい〜」

ですので、19日(日)14時〜/17時〜、神楽坂セッションハウスでお待ちしております!
ドキドキさせられる覚悟、あります!!


『春の祭典』  / 『春のフーガ』

振付:伊藤直子
出演:マドモアゼルシネマ・
        マドメイツ

場所:神楽坂セッションハウス

ご予約:ダンサー
または
セッションハウス
TEL:03-3266-0461
e-mail: mail@session-house.net
URL: http://www.sesshon-house.net/

明日のピナバウシュの「カーネーション」公演、楽しみにしながら、今夜はおしまい。
[PR]

by madocinema | 2017-03-16 01:52 | ダンス  

<< ハプニング待ち 実物に勝るものはない >>